The Far Side of the World

concerto.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 14日

4/9 ニュー・トロルス@川崎

New Trolls@川崎クラブチッタ、行ってきました。
(以前「チケット12000円」とか言ってたあのライブです)

何もかもが素晴らしかったです。最高のライブでした。
見られて本当に良かったヽ(´∀`)ノ

・6人のうち5人歌えるというのはすごい。
・(グダグダが持ち味のカンタベリーと違って)ニュー・トロルスはまさにプロフェッショナルだった。
・アルフィオ君がすっかり禿げていた(私はこの人のファンです)。
・マウリツィオ・サルヴィの指揮の動作は山本直純のようだった。
・ベースの人(ロベルト)の雰囲気とアクションがメタルっぽかった。この人がニコの高音Part担当。
・ヴィットリオのMCの英語が聞き取りやすかった。
・ヴィットリオが弾いていたキーボードはRoland A-37。
・Let It Be Meの途中でむせていたのは演技ですよね。
・開演前にスクリーンが降りて、ニュー・トロルスの古い映像を上映していた。
・AldebaranとTi Ricordi Joe?も聴きたかった。
・UTの曲はニコがいないと無理なのかな。

6000円のおみやげセットも買っちゃいましたよ。
入っていたのは、パンフレット、Tシャツ、ポスター、バッジ、メンバーの直筆サイン入り写真、ステッカー、ドイツ盤紙ジャケ(中身無し)です。

パンフレットはよくまとまっていて良い内容でした。
しっかりしたディスコグラフィーも欲しかったし。
本当はばら売りしてくれたら良かったんだけど。
[PR]

by kiyo_mi | 2006-04-14 14:30 | 音楽


<< 『ファイヤーウォール』      Stick Sweets Fa... >>