The Far Side of the World

concerto.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 10日

「SUPER INDEX」公開収録

12/7 水曜日に、六本木オリベホールで行われたスーパーチャンネル「SUPER INDEX」公開収録「Without A Trace/FBI失踪者を追え!」プレミア試写会に行ってきました。

司会はパックンマックンと相内優香さん、
ゲストは小山力也さん(ジョージ・クルーニーや「24」ジャック・バウアーの声)、安藤麻吹さん(「エイリアス」のジェニファー・ガーナーなど)でした。
この公開収録は(珍しく)応募ハガキが当たったんですが、応募の目的はなんといっても小山力也さんの生トークです。

トークでは小山さんは最初は緊張していたように見えたものの、
すぐに場慣れした感じで、パックンマックンのボケやつっこみをしっかり受け返して、
要所要所で笑わせてくれました。さすが関西人。

しかしこの公開収録、マックン(日本人)がちゃんとしていたのでなんとかなったものの(マックンを見直しました)、パックン(ハーバード卒のアメリカ人)がボケ倒していたのと、アシスタントの女性がいまいち頼りないのとで、ざっくばらんのぐだぐだ状態。
編集でうまく繋げるのも一苦労ではないでしょうか。
オンエアがどんな風に仕上がるのか楽しみです。

「Without A Trace」吹き替えに挑戦、のコーナーは本当に面白かったです。
ダニー小山さんとサマンサ麻吹さんはさすがプロ、完璧な吹き替え。
ボスの声担当のマックンは、渋い声でかなり良かったと思います。違和感もなく、感心しました。
イケメンマーティン役のパックンは、素っ頓狂な声とイントネーションでもうめちゃくちゃ。大爆笑。英語で吹き替えた方がいいんじゃないかな。
ヴィヴィアン役の相内さんは、声が可愛いのでキャラが合ってないですね。リハーサルの方が良かった。

こんなに笑ったことは最近では思い出せないほどぐらい笑えた楽しい収録でした。
りぶるさん、さんたさん、当日お会いした皆さん、ありがとうございました!

b0036764_21241126.jpg

写真は入場整理券兼お楽しみ抽選番号です。「24」って小山さんにちなんだいい番号でしょう?
この抽選は特賞商品が、私が先日買ったのと全く同じEPSONのプリンタ PM-A890だったんです。当たったら困るな~と真剣に考えました。パックンが「当選は20番台の人~」と言うので(これはウソで本当は5番が当たり)、ますます焦りましたよ。当たったら舞台に上がってパックンマックンとトークしないといけないし。
[PR]

by kiyo_mi | 2005-12-10 21:29


<< フォーシーズンズ椿山荘レポート...      イタリアのお土産nutella >>