The Far Side of the World

concerto.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 06日

春の京都旅行 1日目 その2

前回の続きです。

南禅寺を後にして、湯豆腐のお店が並ぶ通りを抜け、「インクライン」に出ます。
b0036764_06510.jpg
b0036764_061777.jpg


傾斜鉄道の跡である「インクライン」は、桜の名所でもあるようですが、ここもまだ満開にはちょっと早かったようです。ちょうど今頃は満開ですごい人出でしょうね。

インクラインからは地下鉄「蹴上(けあげ)」駅がすぐ近くなので、地下鉄で京都の市街へ向かいます。

「三条京阪」駅を出てすぐの「三条大橋」からの眺め。
b0036764_09223.jpg


「弥次喜多像」を見て、旅の無事を願う石を撫でて、木屋町を少し歩き、風情ある先斗町(ぽんとちょう)の通りを散策しながら南下します。
b0036764_0125115.jpg


先斗町の通りを抜け、四条通に出たところでかっこいい建築に遭遇!
b0036764_0144271.jpg


家に帰ってから調べたところ、この建物は「東華菜館」という中華料理店で、日本で数多くの西洋建築を手懸けた建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズの作品とのこと。内部も見てみたかったです。

その時はそこがレストランだということもわからなかったので(後で見たら「東華菜館」がガイドブック「楽楽」に載っている!)、この日の夕食は斜め向かいの「おめん」というお店でいただきました。前もってここを考えていたわけではなく、店頭で飛び込みです。

食べたのは名物の麺料理「おめん」ではなく、和風ビーフシチュー定食。
b0036764_033484.jpg
b0036764_0331774.jpg


この日はとても寒かったのですが、柔らかいお肉がたくさん入ったビーフシチュー(と熱いお茶)で体があたたまりました。
ビーフシチューは味噌が効いていたかな。名古屋の味噌煮込みうどんより濃かったような。
そういえば「おめん」というお店は「GOSPEL」の斜め前にもあったなあ。(銀閣寺の近くのそこが本店のようです)

食後は、近くの高島屋などをぶらぶらしながら、バスに乗って京都駅へ。
(高島屋近くの)バス停でバスを待つ間も非常に寒かったです。

京都駅近くのホテルに着いたら、すぐに部屋に戻らず、チェックインの時にもらった「ウェルカムドリンク券」を使って、ラウンジで温かい飲み物を飲みました。窓の外はビュービュー風が吹いて本当に寒そうでした。

これで一日目は終了です。
[PR]

by kiyo_mi | 2009-04-06 00:44 | 2009年3月 京都


<< 水元公園の桜      春の京都旅行 1日目 その1 >>